HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

You'll Like It Too / Funkadelic

Who's a Funkadelic?
Who's a Funkadelic?
  • I Know You Got Soul / Eric B & Rakim
  • My Little Donkey / Choco The New Harlem Sound
  • No Connection B-JR (DJ 440's Top Billin' mix) / Halfby
  • Watch Roger Do His Thing / Main Source
  • Drink Old Gold / Mr X & Mr Z
  • Rhyme'll Shine on / Naughty By Nature
  • Teacher, Teacher / Slick Rick
にサンプリングされています

Pファンクの創始者George Clintonが結成したファンクバンド、Funkadelic '81年作『Who's a Funkadelic(レーベル違いで『Connections & Disconnections』というタイトルのものもある)』に収録。数多くサンプリングされるイントロのドラムのせいか現在でも人気の高い一曲。キャッチーなコーラスもグッド。ちなみにGeorge Clintonは不参加です。『Ultimate Breaks & Beats』にも収録されています。
スポンサーサイト

One Nation Under a Groove / Funkadelic

One Nation Under a Groove
One Nation Under a Groove
  • 4 the Funk of It / Above The Law
  • Now We Lay 'Em Down / The Eastsidaz
  • So What Cha Sayin' / EPMD
  • Martial Law / George Clinton
  • Bop Gun (One Nation) / Ice Cube
  • Groovin' / Radio
  • Down with Slow Pain / Slow Pain
  • Funkin' Lesson / X-Clan
にサンプリングされています

George Clinton率いるFunkadelicが[Warner]に移籍して最初にリリースしたアルバム『One Nation Under a Groove』('78年)のタイトル・トラック。大手の宣伝力も手伝ってか大ヒット(といってもクラブ・プレイ・チャート31位)し、Funkadelicの代表曲として知られています。

Get off Your Ass and Jam / Funkadelic

Let's Take It to the Stage
Let's Take It to the Stage
  • Holla if You Hear Me / 2Pac
  • Rhythm (Devoted to the Art of Moving Butts) / A Tribe Called Quest
  • Pressure / The Pressure
  • Easy Duz It / Easy-E
  • 99 Problems / Ice-T
  • 100 Miles & Runnin' / NWA
  • Bring the Noise / Public Enemy
  • Contract on the World Love Jam / Public Enemy
にサンプリングされています

Jimi Hendrixに影響を受けているGeorge ClintonのプロジェクトFunkadelicが '75年発表した『Let's Take It to the Stage』に収録。ソウル/ファンクというよりロックファンに喜ばれそうなソリッドなギターリフが吹き荒れるメタリックなナンバー。混沌としたノイジーなギターが多くサンプリングされている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。