HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love @ 1st Sight / Mary J. Blige

Love & Life
Love & Life
をサンプリングしています

仲違いしていたSean Combsを再びプロデューサーに迎えて制作された6thアルバムからのファーストシングル。なんでもフィアンセとの出会ったときのことを歌っているそうな。Lou Donaldson "Who's Making Love"を組み替えてつくられた"Hot Sex"のビートを下敷きにMaryが熱唱するダンサブルなトラックで、Sean Combsの好きそうなメランコリックなピアノも静かに花を添えます。後半ではMethod Manの魅力的なラップも聴けます。
スポンサーサイト

Everything / Mary J. Blige

Share My World
Share My World
をサンプリングしています

Sean Combsの手を離れて制作された '97年発表のサードアルバム『Share My World』からのシングル。Jam & Lewis制作のメロディアスなラブソングで、The Stylistics "You Are Everything"を中心にJB "The Payback"のビート、坂本九さんの"上を向いて歩こう"の歌メロと有名曲を使った豪華なトラック。

I Love You / Mary J. Blige

My Life
My Life
をサンプリングしています

Mary J Blige '94年の名盤『My Life』に収録された、静謐で悲しげなピアノが印象的な"I Love You"。ループさせているとは分かっているものの、延々と同じフレーズを繰り返すピアノが一心不乱に弾いているように聴こえてきて、まるで恋愛の熱情の強さを表わしているよう。

No One Else / Mary J. Blige

My Life
My Life
をサンプリングしています

Mary J Blige '94年のセカンド『My Life』に収録。Al Greenの"Feet at Last"をサンプリングしたドラマティックで感動的なトラックに熱のこもったメアリーのボーカルが絡むメロウミディアム。一曲前の"I Love You"(どちらも南部ネタ)と相性抜群。気を抜きがちなアルバム終盤にもこんなに凄い曲がはいっているなんて、やはりこの頃のメアリー(とパフィ)は格段に優れていますね。

Mary Jane (All Night Long) / Mary J. Blige

My Life
My Life
をサンプリングしています

'94年のセカンドアルバム『My Life』からのシングルカット。Sean Combsによるプロデュースで、Mary Jane Girls "All Night Long"を大胆サンプリングしたヒップホップソウルな一曲。ロマンティックなサウンドとMary J Bligeの伸びやかなヴォーカルが好相性。曲名もそのまま"Mary Jane (All Night Long)"で面白い。

I'm the Only Woman / Mary J. Blige

My Life
My Life
をサンプリングしています

Mary J Blige '94年発表の2ndアルバム『My Life』に収録。Curtis Mayfieldの傑作メロウ"Give Me You Love"の美しい楽曲をカバーのごとくサンプリングしたトラックだが、メアリーのあまりにも感情的な"声"がオリジナル超える輝きを与えている。

Real Love (Hip Hop mix) / Mary J. Blige

What's the 411? Remix
What's the 411? Remix
をサンプリングしています

Mary J. Bligeのデビューアルバム収録のヒットチューン"Real Love"をさらにフロア向けにしたリミックス。ネタは小沢健二やDragon Ashも引用したBetty Wrightの"Clean Up Woman"。故Notorious BIGも参加しているので(ビギーのラップが聴ける初の作品だったと思います)ヒップホップファンもマストです。

Real Love / Mary J. Blige

What's the 411?
What's the 411?
をサンプリングしています

  • Here I Am / Eve
にサンプリングされています

Sean Combsが仕掛けたヒップホップ・ソウルの元祖的作品『What's the 411?』。その中でもひときわ人気の高かったのがこの"Real Love"。Audio Two "Top Billin'"という極めてヒップホップ的なビートを使用しており、70年代ソウルの影響色濃いメアリーのヴォーカルがのる革新的な傑作。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。