HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

It's a New Day / Skull Snaps

Skull Snaps
Skull Snaps
  • Coolie High / Camp Lo
  • State Troopers / Cornershop
  • East Coast / Das EFX
  • Mic Checka / Das EFX
  • Twinkle Twinkle (I'm Not A Star) / DJ Jazzy Jeff & Fresh Prince
  • Watch My Moves / Dooley O
  • Hittin' Switches / Erick Sermon
  • Take It Personal / Gang Starr
  • Funky Child / Lords Of The Underground
  • Gimme Little Sign / Maxine Harvey
  • Nettle Leaves / Metal Fingers
  • Hippa to da Hoppa / Ol' Dirty Bastard
  • Who Stole My Last Piece of Chicken? / Organized Konfusion
  • Jogi / Panjabi MC
  • 914 / Pete Rock
  • Poison / Prodigy
  • It's My Turn / Stezo
  • 今夜はブギーバック / 小沢健二
にサンプリングされています

超定番ドラムブレイク。 '73年、George Kerrプロデュースでリリースされた唯一のアルバム『Skull Snaps』に収録された男気あふれるファンクチューン。組替えられて新たなビートにされることが多く、Gang Starrの"Take it Personal"などは本当にカッコよい。ちなみにSkull Snapsはよほどのマニアでもない限り"It's a New Day"経由以外では知られていないマイナーグループです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。