HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

All About U / 2Pac

All Eyez on Me
All Eyez on Me
をサンプリングしています

'96年発売の2Pac名義での最後のスタジオ・アルバムからのシングル、エレクトロ・ファンク・クラシックCameoの"Candy"からぶっといベース音をサンプリングした気持ちよいナンバー、爽やかな西海岸を想像させるようなサウンドが素晴らしい。
スポンサーサイト

I Ain't Mad at Cha / 2Pac

All Eyez on Me
All Eyez on Me
をサンプリングしています

'96年の大作『All Eyez on Me』より、メロウサイドの佳曲"I Ain't Mad at Cha"。Debarge "A Dream"から感動的なピアノフレーズをサンプリング、フックではDanny BoyというR&Bシンガー(?)がクールに歌います。プロデュースはDog Pound名義でも作品を残しているDaz Dillinger。

Dear Mama / 2Pac

Me Against the World
Me Against the World
をサンプリングしています

元ブラックパンサー党員だった母に捧げた2Pacのメロウサイドを代表するナンバー。『Me Against the World』からのファーストシングルのこの曲は、Joe Sample "In All My Wildest Dreams"を下敷きに、同じように母について歌ったThe Spinners "Sadie"のフレーズをフックに使用。サグ・ライフを掲げていた2Pacの別の側面が見えてくる。Tony Pizarro、DF Master Tee、Mosesによるプロデュース。

Keep Ya Head Up / 2Pac

Strictly 4 My N.I.G.G.A.Z.
Strictly 4 My N.I.G.G.A.Z.
をサンプリングしています

西海岸のカリスマ、故2Pac '93年発表の2ndアルバムからのヒット。多くのウェストサイドのラッパーによってサンプリングされているZappのゆったりグルーヴの名曲"Be Alright"を下敷とし、フックでは"Ooh Child"のフレーズを使い爽やかさを演出しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。