HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Person to Person / Average White Band

Person to Person
Person to Person
  • Mr. Pitiful / Big Daddy Kane
  • Recipe of a Hoe / Boss
  • I Got Somebody Else / Changing Faces
  • Richter Scale / EPMD
  • Friend / Puff Daddy & The Family
  • Ya Getz Clowned / South Central Carter
  • Goin' World in the Penile / Tim Dog
にサンプリングされています

UKはスコットランド出身の白人ファンクバンド、Average White Band '76年リリースのライヴ・アルバムに収録。心地よいカッティングギターが印象的なミディアムファンク・ナンバーだが、サンプリングされるのは間奏部のベース→コーラスのフレーズ。この部分を延々とループさせたBig Daddy Kane "Mr. Pitiful"等は地味ながらサンプリング・アートとしては最高に素晴らしい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。