HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Am I the Same Girl / Barbara Acklin

Love Makes a Woman/Seven Days of Night
Love Makes a Woman/Seven Days of Night
  • Everybody's Got Summer (Full Length version) / Atlantic Starr
  • That Girl / Freddie McGregor
  • No Connection B-JR (DJ 440's Top Billin' Mix)
  • ヒッピー・デイ / Pizzicato 5
  • ボーイ・ミーツ・ガール / Pizzicato 5
にサンプリングされています

The Chi-Litesのリード・シンガーであり、Barbara Acklinの夫でもあるEugene Record作曲の超傑作"Am I the Same Girl"。'69年のセカンド『7 Days of Night』に収録されており、イントロの数秒間で心をわしづかみにされてしまいます。そして、なんといってもポジティヴに高揚するホーンがこの上なく素晴らしく、Eugene Recordの名前を記憶に留めさせるには充分な出来ばえです。しかし、この曲が初めて発表されたのは、バックで演奏していたYoung-Holt Unlimitedのインスト・カバー"Soulful Strut"(レコーディング自体はバーバラのが先だが、リリースは後)。その他にも数多くのカバーが存在するが、なんといってもSwing Out Sisterのものがセールス面、完成度ともに最高。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。