HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mellow Mood / Barry White

Can't Get Enough
Can't Get Enough
  • I'm a Hustler / 50 Cent
  • A Thugs Love Story / Kool G Rap
  • Friends / Mary J Blige
  • North Star (Jewels) / Raekwon
  • Butterfly / Shareefa
にサンプリングされています

故Barry Whiteが '74年に発表したサード・アルバム『Can't Get Enough』のオープニングとエンディングに収められたインスト・ナンバー。アルバム全体のイントロ~リプライスのような役割を担っており、タイトルどおりいやおうなしにメロウな雰囲気が高まっていきます。脇役的な主張しない楽曲がサンプリングに適しており、現在では人気ネタに。作曲にはJay-Z "Girls, Girls, Girls"ネタでもおなじみのTom Brockが参加。
スポンサーサイト

I'm Gonna Love You Just a Little More Baby / Barry White

I've Got So Much to Give
I've Got So Much to Give
  • Deeper / Boss
  • We Got It Goin' on / Changing Faces
  • As the Rhyme Goes on / Eric B & Rakim
  • The Watch / Ghostface Killah
  • What's the Matter with Your World? / Grandmaster Mele Mel
  • Deeper and Deeper / Madonna
  • One Mic / Nas
  • One Less Bitch / NWA
  • Rolex / Raekwon & Ghostface Killah
  • Without Love (remix) / Veronica
にサンプリングされています

Barry White名義としての初のシングルでビルボードR&Bチャート1位(ポップチャート3位)を記録したヒット曲。Isaac Hayesを思わせるハードボイルドなトラックが印象的だが、サビでは流麗なストリングスが優しく響く。イントロから淡々と叩かれる乾いたドラムサウンドがサンプリング・ネタとして人気が高く、『Ultimate Breaks & Beats』にも収録されています。Jimmy Smithがこの曲をカバーしているが、そちらのほうも人気ネタです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。