HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home / Bone Thugs-N-Harmony

World Order
World Order
をサンプリングしています

メロディアス&早口なラップスタイルで人気を博したBone Thugs-N-Harmony '02年リリース『Thug New Order』からのシングルカット。ほとんどカバーといってよいほどPhil Collinsの"Take Me Home"を大々的にサンプリングしたポップなナンバー。
スポンサーサイト

Tha Crossroads / Bone Thugs-N-Harmony

E 1999 Eternal
E 1999 Eternal
をサンプリングしています

歌うようなラップが特徴のBone Thugs-N-Harmony '95年のサードアルバムからのシングルカット。Isley Brothersの"Make Me Say It Again Girl"から清涼感のあるキーボードのメロディーをサンプリングし、スピリチュアルな輝きを放つスローチューンへと仕上げています。この曲はボンサグ最大のヒットとなり、全米1位を8週連続獲得するという快挙を成し遂げました。

Buddah Lovaz / Bone Thugs-N-Harmony

E 1999 Eternal
E 1999 Eternal
をサンプリングしています

クリーブランド出身の4人組、シンギング・ラップで人気を博したBone Thugs-N-Harmony '95年の名盤セカンド『E 1999 Eternal』に収録。故Easy-Eプロデュースのこの曲は、Isley Brothers "Choosey Lover"をモチーフにしたミディアムチューンで、サンプリングというよりカバーといった感じ。ゆったり流れるようなメロディアスにハモるラップがなんとも心地よい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。