HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Show N' Prove / Big Daddy Kane

Daddy's Home
Daddy's Home
をサンプリングしています

ベテランBig Daddy Kane '94年リリースの6thアルバムより、多人数での豪華マイクリレーに感動さえ覚える"Show n' Prove"。Grover Washington Jr.の"Black Frost"を使用し、極めてヒップホップらしいジャジーなトラックをつくりあげています。しかし、この曲の目玉はなんといってもBig Scoob→Sauce Money→Shyheim→Big Daddy Kane→Jay-Z→Ol' Dirty Bastardと展開されるマイクリレー。それぞれが個性的で互いが互いをひきたてあいます。特にトリを担当する若きOl' Dirty Bastardのテンションは異常、インテリジェンスのかけらも無いようなMCっぷりに狂喜乱舞してしまいます。
スポンサーサイト

Cause I Can Do It Right / Big Daddy Kane

Taste of Chocolate
Taste of Chocolate
をサンプリングしています

80年代から活躍するベテランラッパー、Big Daddy Kaneのサードアルバム『Taste of Chocolate』からのシングルカット、Marley Marlの手を離れセルフ・プロデュースされたこの曲はGladys Knightの名曲"I Heard It Through ~"をサンプリングしたニュースクール期らしい明るいトラック。後半には定番"Get Up and Dance"のイントロのトランペットも飛び出します。美女をあの手この手で口説き落とすPVもBig Daddy Kaneらしくて面白い。

Smooth Oparator / Big Daddy Kane

It's a Big Daddy Thing
It's a Big Daddy Thing
をサンプリングしています

Big Daddy Kane '89年リリースのセカンド・アルバムからのシングル。"All Night Long"使いとして有名だが、定番"The Champ"のオルガン、"Do Your Thing"のギター、Marvin Gayeのヴォーカル等の人気ネタも次々と飛び出します。さらに中盤からはビートが"Impeach the President"に差し変わり、やがて"All Night Long"に戻ったとおもったら("All Night Long"に似ている)"Risin' to the Top"が混じっているという反則技も披露。また、サンプリングといえないまでも、Marvin Gaye "Let's Get It on"を歌うようにラップする一節もみられます。Big Daddy Kane自らがプロデュースした有名曲使い放題のポップの極み的作品。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。