HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I Like Funky Music / Uncle Louie

Ultimate Breaks & Beats Vol.6 [12 inch Analog]
Ultimate Breaks & Beats Vol.6 [12 inch Analog]
  • Paul Revere / Beastie Boys
  • Fighting Temptation / Beyonce
  • Fa All Y'All / Da Brat
  • Pause / Run-DMC
  • Children's Story / Slick Rick
  • It's Yours / T La Rock
にサンプリングされています

[TK Production]のサブレーベル[Marlin]からリリースされた、Uncle Louie唯一のアルバム『Uncle Louie's Here』('79年)に収録。インパクトのあるホーン・フレーズをアクセント的にサンプリングされることが多い人気ネタ。また最近ではバラエティ番組などでもよく使われており、よほど人を惹きつける効果があることがうかがわれます。ディスコ風アレンジを施されたシングル・ヴァージョンもあるが、初期Kool & The Gangを彷彿とさせるジャズ・ファンクなアルバム・ヴァージョンのほうが抜群に素晴らしい。ちなみに『Ultimate Breaks & Beats』にはシングル・ヴァージョンが収録されています。
スポンサーサイト

In-A-Gadda-Da-Vida / Incredible Bongo Band

Bongo Rock
Bongo Rock
にサンプリングされています

定番ネタ"Apache"で有名なIncredible Bongo Band '73年のデビューアルバム『Bongo Rock』に収録されたへヴィメタルの元祖的曲のカヴァー。重厚なギター、ベースとは対照的に叩き鳴らされる軽快なボンゴや自信に満ちたホーンの音が絶品。オリジナルは初のへヴィメタルバンドとして知られるIron Butterflyによるもので、オルガン、リードヴォカール担当のDoug Ingleが作曲した17分間に及ぶ大作。

The Champ / The Mohawks

The Champ [12 inch Analog]
The Champ [12 inch Analog]
  • Got to Give it Up / Aaliyah
  • Smooth Operator / Big Daddy Kane
  • Keeping the Faith / De La Soul
  • Nah Nah... / E-40
  • Nadie / El Meswy
  • The Big Payback / EPMD
  • Eric B. for President / Eric B & Rakim
  • Eric B. Is President / Eric B & Rakim
  • La Schmoove / Fu-Schnickens
  • Deck the Halls / The Grand Rapmasters
  • Groove Me / Guy
  • Teddy Bear / G-Wiz
  • Diane (Rated xxx) / Hostyle
  • Here Comes The Hotstepper / Ini Kamoze
  • Get Lifted / Keith Murray
  • Step into a World (Rapture's Delight) / KRS-One
  • Stand Up! / Lead
  • Return of the Funky Man / Lord Finess
  • Let Your Backbone Slide / Maestro Fresh Wes
  • Large Professor / Main Source
  • Gonna Breakthrough / Mary J Blige
  • Pump It Up / MC Hammer
  • Fantasy / Miles Davis
  • Jump-Sexy / Stanzoid
  • Self Destruction / Stop The Violence Movement
  • G's Iz G's / Tash
  • I Ain't the One / TCF Crew
  • It's Yours / T La Rock
  • Pump That Beat / T-Ski
  • Whatchulookinat (P. Diddy remix) / Whitney Houston
  • 大人になりましょう / ピチカート・ファイヴ
にサンプリングされています

Alan Hawkshawがセッション・ミュージシャンたちと結成したMohawks唯一のアルバム『The Champ』のタイトル・トラック。存在感のあるファンキーなオルガンや「Champ!」という掛け声がサンプリング・ネタとしてあまりにも有名。『Ultimate Breaks & Beats』にも当然のように収録されています。

Naughty Girl / Beyonce

Dangerously in Love
Dangerously in Love
をサンプリングしています

Beyonceの大ヒット・ファーストからオリエントなムード漂うセクシーなナンバー、Donna Summerが歌うフレーズをそのまんま引用、こちらのほうがよりセクシーな雰囲気となっています。シングル盤にはLil' Kimをフィーチャーしたリミックスがはいっており、そちらも迫力があっておすすめ。色っぽいジャケ写も◎。

Heaven & Hell / Raekwon

Only Built 4 Cuban Linx
Only Built 4 Cuban Linx
をサンプリングしています

にサンプリングされています

Wu-Tang Clanの中では比較的地味な存在だったRaekwonによる映画『Fresh』への提供曲。ファーストアルバムにも収録されているこの曲はRZAによるプロデュースで、盟友Ghostface KillahをゲストMCに招き、Syl Johnson "Could I Be Falling in Love"のイントロをループさせた切ないメロウチューン。Minnie Ripertonを彷彿とさせる女性コーラスもメランコリック。

Real Love (Hip Hop mix) / Mary J. Blige

What's the 411? Remix
What's the 411? Remix
をサンプリングしています

Mary J. Bligeのデビューアルバム収録のヒットチューン"Real Love"をさらにフロア向けにしたリミックス。ネタは小沢健二やDragon Ashも引用したBetty Wrightの"Clean Up Woman"。故Notorious BIGも参加しているので(ビギーのラップが聴ける初の作品だったと思います)ヒップホップファンもマストです。

Anything (Old Skool version) / SWV

Remixes
Remixes
をサンプリングしています

SWVのファーストアルバム『It's About Time』の冒頭を飾っていたスロー・チューン"Anything"を賑やかにリミックス。「ポンキッキーズ」のオープニングでも使われていたパーティークラシック"Get Up & Dance"からイントロのフレーズ、歓声、叫ぶホーンなど様ざまな箇所をサンプリング。
SWV

Luchini AKA This Is It / Camp Lo

Uptown Saturday Night
Uptown Saturday Night
をサンプリングしています

NYはブロンクス出身のデュオCamp Lo '97年リリースの傑作ファーストからのシングル。Dynasty "Adventures in the Land of Music"を大胆サンプリング、輝くようなホーンのループがこの上なく素晴らしい作品です。

Right Here (Human Nature Mix) / SWV

Best of SWV
Best of SWV
をサンプリングしています

'92年のダンサブルなデビューシングル"Right Here"のリミックスで、オリジナルよりリミックスが売れるた珍しいケース。ニュー・ジャック・スウィングを生みだしたTeddy Rileyが手掛けており、Michael Jacksonの"Human Nature"を巧みに使い極上のミディアム・スローに仕上げています。
SWV

Walk with Me / The ARC Choir

Walk with Me
Walk with Me
にサンプリングされています

NYハーレムにあるAddicts Rehabilitation Centar(薬物中毒更正施設)の患者や元患者によるゴスペル・クワイア、The ARC Choirが '97年にインディーズからリリースしたアルバムに収録。グループの話題性、Kanye West "Jesus Walks"の大ヒットなどの影響でかなりのセールスを記録したそう。現在ではThe ARC Gospel Choirと名前を改めて活動して世界中で公演をおこなっています。

There's Nothing in This World That Can Stop Me from Loving You / Tom Brock

I Love You More and More
I Love You More and More
にサンプリングされています

シンガーソングライターTom Brock唯一のアルバム『I Love You More & More』('74年)に収録。Jay-Zが使用したことで有名になった曲で、一聴しただけで分かる故Barry Whiteプロデュースのイルミネーションのようなオーケストラが魅力的。バリーほど声に癖がなく、Barry Whiteを苦手としている人にも気にいってもらえるのではないでしょうか。

Popcorn Love / New Edition

Candy Girl
Candy Girl
にサンプリングされています

キッズソウルグループNew Editionが '83年発表したデビューアルバム『Candy Girl』からのセカンドシングル。軽快なリズムギターやRalph TresvantのヴォーカルスタイルがJackson 5の"I Want You Back"を思わせる(というかそっくり)。おそらく二番煎じを狙ったのでしょう。New Kids On The Blockなどを成功させたプロデューサーMaurice Starrの仕事なのでしょうか。

Candy Girl / New Edition

Candy Girl
Candy Girl
にサンプリングされています

現在でも活動を続けるNew Editionの記念すべきデビューシングル、'83年発表の『Candy Girl』に収録。当時は最新だった打ち込みによるビートを使用しており、プロデューサーであるMarurice Starrの手腕が光る一曲。Bobby BrownもRalph Tresvantもまだまだ若く、切なくやるせない少年の恋心をうまく表現しています。

(You Ain't Just a Fool) You's an Old Fool / Spoonie Gee

Godfather of Hip Hop: Classic Old-School Hip-Hop 1979-1988
Godfather of Hip Hop:
Classic Old-School Hip-Hop 1979-1988
をサンプリングしています

ソロラッパーの先駆的存在、オールドスクーラーSpoonie Geeによるヒップホップ・クラシック。大定番ドラムブレイク"Impeach The President"をサンプリングしていますが、この曲ではドラムパートだけでなく初期オールドスクール期によくあるようなオケをほぼそのま引用しています。"Impeach The President"マニアだったらマストな作品です。

I'll Do 4 U / Father MC

Father's Day
Father's Day
をサンプリングしています

[Uptown]レーベルのA&Rマン時代のSean Combs が手掛けた『Father's Day』に収録。大ネタ"Got to Be Real"を大々的にサンプリングして、当時流行っていたダンスラップ風のポップなトラックをつくりあげています。ちなみにこの曲でソウルフルな熱唱を聴かせるのはデビュー前のMary J Blige。

You Gots to Chill / EPMD

Strictly Business
Strictly Business
をサンプリングしています

  • M-Sea-Cresy / Canibus
  • 1-9-9-9 / Common
  • I'm Chillin' / The Game
  • Conversations From A Speakeasy / Hilltop Hoods
にサンプリングされています

EPMD '88年発表の傑作ファースト『Strictly Business』からのシングル。"More Bounce to the Ounce"、"Jungle Boogie"というあくの強いファンクを大胆に使用した問答無用のクラシック。「アーティスティックじゃなくてもカッコよければなんでもいいじゃん」という二人の声が聞こえてきそうなストレート&シンプルな逸品。ちなみに同アルバムでは、この曲以外に"Strictly Business"、"You're a Customer"で"Jugle Boogie"を使用しています。

It Ain't Hard to Tell / Nas

Illmatic
Illmatic
をサンプリングしています

'94年発表されたNasの記念すべきデビューアルバム、ニューヨーク屈指のプロデューサー陣が集って制作されたヒップホップの歴史的名盤『Illmatic』のラストを飾るナンバー。Main SourceのLarge Professorによって制作された作品で、"N.T."のサックスや"Long Red"の叫び声などを使ったグロテスクな展開の中に、光差すように現れる"Human Nature"の美しいメロディーがたまらなく魅力的。
Nas

It's a Shame (My Sister) / Monie Love

Down to Earth
Down to Earth
をサンプリングしています

UK出身のフィメール・ラッパー、Monie Loveのデビューアルバムに収録された大ヒット・ナンバー。曲名から分かるようにStevie Wonder作、The Spinnersの"It's a Shame"を大胆サンプリング、自転車的スピード感といった趣きのギターリフがまぶしすぎる傑作。

Can't You See / Total

Total
Total
をサンプリングしています

[Bad Boy]レーベルの女性3人組Totalが '96年発表したデビューアルバムからのシングルカット。James Brownの "The Payback"を使ったヒップホップソウルな一曲で、大胆にサンプリングしている割にはJB色に染まらず、現代的なメロウR&Bの形となっています。Sean Combs自らがプロデュースしており、Notorious BIGことBiggieのラップも聴くことができます。

Daydreamin' / Lupe Fiasco

Food & Liquor
Food & Liquor
をサンプリングしています

Kanye WestやJay-Zも認めたシカゴのホープLupe Fiasco '06年のデビューアルバムからのシングル。Gunter Kallmann Choir "Daydream"を使ったI Monsterの"Daydream in Blue"を大々的にサンプリング。ネタのヴォーカルと客演のJill Scottとの心地よいコール&レスポンスに癒されるでしょう。[Atlantic Records]の代表取締役/最高執行責任者であるCraig Kallmanによるプロデュース。

Juicy / The Notorious B.I.G.

Ready to Die: The Remaster
Ready to Die: The Remaster
をサンプリングしています

にサンプリングされています

故Notorious BIG '94年のファーストアルバムからのシングル。Mtume "Juicy Fruit"を大胆に使用したキャッチーなナンバー。全体的に軽い浮遊感のあるサウンドとビギーの重厚なフロウとの相性が少し悪いような気がしますが、今でも人気の高い曲です。プロデュースはTrackmastersのPokeとSean Combs。

I Want You Back / The Jackson Five

Diana Ross Presents the Jackson 5/ABC
Diana Ross Presents the Jackson 5/ABC
にサンプリングされています

キッズブームの火付け役、みんな大好きJackson Five '69年のデビューアルバム『Diana Ross Presents the Jackson 5』からカットされた全米No1シングル。[Motown]の作曲家チームThe Corporation™制作のキャッチーなナンバーで、イントロの心浮きたつようなギターリフはあまりにも有名、キッズソウルというもののイメージを決定づけたといっても過言ではないでしょう。日本のキッズグループ、フィンガー5もカバーしています。

It's the Hard Knock Life / Charles Strouse

Annie: A New Musical (Original Broadway Cast)
Annie: A New Musical (Original Broadway Cast)
にサンプリングされています

映画化もされたブロードウェイ・ミュージカルの名作『アニー』の劇中曲で、歌うはアニーと孤児仲間。メロディーだけ聴くと希望あふれる曲のようだが、自分達の過酷な生活について歌われており、「サンタクロースって何?誰?」など涙がでそうな歌詞がいっぱいつまっています。作曲は映画音楽でも有名なCharles Strouse。

As Long as I've Got You / The Charmels

Stax Breaks
Stax Breaks
  • No Diggity (All Star remix) / Blackstreet
  • I Gotcha Back / GZA
  • Emotionless / Jim Jones
  • Keep It Hood / Meryl Carter
  • C.R.E.A.M. / Wu-Tang Clan
にサンプリングされています

[Stax]のマイナーグループ、The Charmellsが '68年に発表したシングルオンリーの曲。マイナーといってもIsaac HayesとDavid Porter制作なので悪いわけがありません。Wu-Tang Clanが引用したイントロのメランコリックなピアノがあまりにも有名だが、気だるげなホーンやソウルフルなヴォーカルなど曲としても充分に魅力がある。

O.P.P. / Naughty By Nature

Naughty by Nature
Naughty by Nature
をサンプリングしています

Naughty By Natureの大ヒットした '91年のデビューシングル。ご存知Jackson 5の名曲をサンプリングした親しみやすいポップなナンバー。マイケル少年と擬似共演しているフックでの掛け合いもこの上なくかっこよく、おもわず頭を振りたくなります。

She Don't / LeToya

LeToya
LeToya
をサンプリングしています

Destiny's ChildのオリジナルメンバーだったLeToya Luckettのソロ・ファーストからの2ndシングル。Alicia Keys "You Don't Know My Name"を思わせるような、ネタ感を大切にした流行りのタイプのR&Bを聴かせます。

MVP / Big L

Lifestylez Ov Da Poor and Dangerous
Lifestylez Ov Da Poor and Dangerous
をサンプリングしています

ブロンクス出身、DITCクルーの一員であった故Big L唯一のオリジナル・アルバム『Lifestylez Ov Da Poor and Dangerous』に収録。キャッチー・ネタとしておなじみ、DeBarge "Stay with Me"のピアノリフを下敷きにしているが、他の使用曲とは一線を画したハードコア・ナンバーに仕上げられています。また、フックではBig Daddy Kane "On the Bugged Tip"から「Rap was a game I'll be M.V.P., the most valuable poet on the M.I.C.」というフレーズを引用。Produced by Lord Finesse。

Walkin' in the Rain (With the One I Love) / Love Unlimited

The Best of Love Unlimited
The Best of Love Unlimited
にサンプリングされています

Barry Whiteによって見出された三人娘Love Unlimited '72年発表のファースト『From a Girl's Point of View We Give to You』からのシングル。Barry White節全開のロマンティックなオーケストレーションが印象的な、彼女達の代表作ともいえるヒット・ナンバーだが、甘い歌声と甘いメロディーがくどいので少々食傷気味に感じます。ちなみにバリーも得意のセリフで参加。

All That I Got Is You / Ghostface Killah

Ironman
Ironman
をサンプリングしています

Wu Tang Clan随一のリリシスト、Ghostface Killahのソロ・ファーストから、Jackson 5 "Maybe Tommorow"から引用された切ないストリングスが印象的なスローナンバー。別名義で参加しているMary J. Bligeの悲しげなコーラスも花をそえます。

Boy You Knock Me Out / Tatyana Ali

Kiss the Sky
Kiss the Sky
をサンプリングしています

Will Smithともドラマで共演した経歴をもつキュートな女優兼シンガーTatyana Aliのファーストアルバム『Kiss The Sky』からの2ndシングル。Bobby Caldwellの名曲からサンプリングされた輝くようなホーンがご機嫌なポップなナンバー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。