HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

If / Janet Jackson

janet.
janet.
をサンプリングしています

'93年の大ヒットアルバム『Janet.』からのセカンドシングルで、制作はJam & Lewisとジャネット自身。Diana Ross在籍時のラスト・ナンバー"Someday We'll Be Together"のイントロに加えハードロック風ギターリフを盛りこみ、当時流行っていた体育会系なダンサブル・トラックに仕上げています。
スポンサーサイト

Slow Jamz / Twista

Kamikaze
Kamikaze
をサンプリングしています

ギネス認定の早口ラッパーTwistaがビルボードNo1を獲得した最大のヒットナンバー、04年リリース『Kamikaze』に収録。同じくシカゴ出身のKanye Westがプロデューサー&ラッパーとして、Jamie Foxxがシンガーとして参加。スローなメロディーにLuther Vandrossのヴォーカルを早回しサンプリング、リズムを細かく刻んでいくドラムがとても気持ちよく、その細かいリズムにあわせてTwistaのラップが疾走する様はなんとも爽快。高速ラップの長所を存分にいかした傑作。

Overnight Celebrity / Twista

Kamikaze
Kamikaze
をサンプリングしています

ギネス認定、ラップ早口世界一のTwistaが '04年リリースした大ヒット5th『Kamikaze』からのセカンドシングル。Lenny Williams "Cause I Love You"を早回しサンプリングしたトラックに、Twistaの高速ラップを乗せたおもしろいナンバー。特にレニーの歌う「Girl, you know I~♪」という部分を早回した箇所は気持ち悪いけどなかなかのカッコよさです。プロデュースは全米No1シングル"Slow Jamz"でもコンビを組んだKanye West。

Let Me Prove My Love to You / The Main Ingredient

ユーフラテス・リヴァー
Euphrates River
にサンプリングされています

NY出身のヴォーカルグループMain Ingredient '75年発表『Euphrates River』に収録。ファルセットのリードヴォーカルと切ないコーラスハーモニーの絡みが本当に美しく、ロマンティックなメロディーに心洗われる。アリシア・キーズ"You Don't Know My Name"で使われたキラキラと輝くようなピアノフレーズには鳥肌がたちます。幸福感に包まれる珠玉のソウルバラード。

Little Red Corvette / Prince

1999
1999
にサンプリングされています

奇才プリンスが '82年発表した5thアルバム『1999』からのシングルカットで、初のポップチャート10位以内に入った出世作。緊張感に満ちたシンセから始まり、途中ではハードロックばりのギターを聴かせるキャッチーなナンバーだが、スピリチュアルな輝きに満ちたトラックメイクは殿下ならではのもの。

Innocent 'Til Proven Guilty / Honey Cone

ラヴ、ピース&ソウル
Love, Peace & Soulful
にサンプリングされています

60年代を代表するソングライターチーム、Holland-Dozier-Hollandが[Motown]から独立して設立した[Hot Wax]の人気ガールズ・グループ、Honey Cone '72年の5thアルバムに収録。若さ弾けるキュートなポップチューンで、Edna Wrightのヴォーカルやコーラスワークはまさにモータウンサウンドそのもの。

Darlin' Darlin' Baby (Sweet Tender Love) / The O'Jays

Message in the Music
Message in the Music
にサンプリングされています

'76年、[Philadelphia International]から発表された『Message in the Music』からカットされビルボード・ブラックチャートでNo1を獲得したヒットシングル。Kenneth GambleとLeon Huffコンビ作によるフィリーソウル色の強い曲で、ジェントルに歌われるサビのメロディーは今なお魅力がある。

Best of My Love / The Emotions

Rejoice
Rejoice
にサンプリングされています

Earth Wind & FireのMaurice Whiteが惚れこんだガールズトリオ、南部ソウルの名門[Stax]でも活動していたことでも知られるThe Emotions '77年の大ヒットナンバー。いわゆるスウェイビートの傑作のひとつで、小気味よく刻まれるリズムやポジティブなホーンをバックに、気持ちよさそうに歌われるエモーションズのキュートで切ないハーモニーは圧巻。永遠のディスコクラシックといっても過言ではないでしょう。作曲はもちろんEW&FのMaurice WhiteとAl McKay。

I'm Chief Kamanawanalea (We're the Royal Macadamia Nuts) / The Turtles

The Turtles Present the Battle of the Bands
The Turtles Present the Battle of the Bands
  • Jimmy James / Beastie Boys
  • Mister Cee's Master Plan / Big Daddy Kane
  • Say No Go / De La Soul
  • Serious / Steady B
にサンプリングされています

フラワームーヴメント期に活躍したThe Turtles '68年の5thアルバム『Battle of the Bands』に収録。ジャケット写真の根暗な白人青年といった雰囲気からは連想しがたい野性味あふれるナンバーで熱のこもったドラムブレイク+シャウトがサンプリング人気。

Sadie / The Spinners

New and Improved
New and Improved
にサンプリングされています

'74年リリースされた5thアルバムからカットされたシングルで、母の死について歌われたバラード。といっても沈みこむような暗さはなく、サビでは希望に満ちた感動的なコーラスを聴かせる。ステレオの前に座ってじっくり聴きこみたいようなタイプ。R. Kellyも『12 Play』でカバーしています。

Watching You / Slave

Stone Jam
Stone Jam
にサンプリングされています

70~80年代にかけて活動したSlaveが '80年発表したオハイオ・ファンクの傑作アルバム『Stone Jam』に収録。バンド名やジャケットからは想像しがたい爽やかなファンクトラックを聴かせます。同郷であるOhio Playersなんかが好きならお勧め。

One Mic / Nas

Stillmatic
Stillmatic
をサンプリングしています

NasことNasir Jonesが '01年発表した5thアルバム『Stillmatic』からカットされたシングル。淡々とした口調から、徐々に熱を帯びていくNasのフロウがカッコよい非常に人気の高いトラック。ラップばかりが賛美されるが、"I'm Gona Love You Just a Little More Baby"のドラムと"In the Air Tonight"のローズ・ピアノをさらりとサンプリングしたChucky Thompsonのトラックメイクも素晴らしい。
Nas

Fantasy / Mariah Carey

Daydream
Daydream
をサンプリングしています

Mariah Carey '95年リリース『Daydream』からの全米No1ヒット"Fantasy"。カラフルでキュートな魅力あふれるポップナンバー。下敷となっているのはGrandmaster Flashも引用した定番ネタ、Tom Tom Clubの"Genius of Love"。

99 Problems / Ice-T

Home Invasion
Home Invasion
をサンプリングしています

にサンプリングされています

世界最初のギャングスタ・ラッパーといわれているIce-T '93年の5thアルバムに収録。Funkadelic "Get off Your Ass and Jam"からノイズをサンプリングし混沌とした様相を表わしています。2 Live CrewのBrother Marquisをフィーチャーしていますが、後にJay-Zがこの曲をベースに同タイトルの曲をヒットさせた時、"99 Problems"のギャラと印税をめぐりIce-TとJay-Zが提訴されることになります。

You Want This / Janet Jackson

janet.
janet.
をサンプリングしています

最高傑作と誉れ高い名盤『Janet.』('93年)より、実に6枚目のシングル。プロデュースはおなじみJam & Lewis のお二人。[MOTOWN]レーベルの看板グループだったDiana Ross & The Supremes "Love Child"のイントロと、Kool & The Gang "Jungle Boogie"のホーンフレーズを使用したノリのよいダンサブルなトラック。フィーチャーされているMC Lyteもテンションの高いラップを聴かせてくれます。

That's the Way Love Goes / Janet Jackson

janet.
janet.
をサンプリングしています

Janet Jackson '93年の傑作クラシック。8周連続No1という驚異的なセールスを記録したJam & Lewisプロデュースのクールなスローナンバーで、サンプリングされているジェームス・ブラウン"Papa Don't Take No Mess"のリズムギターが気持ちよいオシャレな曲。

I Got The / Labi Siffre

Remember My Song
Remember My Song
にサンプリングされています

UKのシンガーソングライター、Labi Siffreによる現在も人気の高い名盤『Remember My Song』('75年)の一曲目に収録されたミディアムチューン。イントロから繰り返されるギターリフがこの上なくグルーヴィーな佳曲で多くのアーティストによってサンプリングされています。Eminemがポップに引用した"My Name Is"が有名。

And I Love Her / Bobby Womack

Understanding
Understanding
にサンプリングされています

「Last Soul Man」ことBobby Womack '72年の5thアルバム『Understanding』に収録されたビートルズの名曲カバー。オリジナルよりもスローテンポでアーシー&メロウな雰囲気、ボビーの太い声も魅力的。

Hip Hug-Her / Booker T. & The MG's

Hip Hug-Her
Hip Hug-Her
にサンプリングされています

[Stax]レーベルのソウル・インスト・バンド、Booker T & The MG's '67年に発表された5thアルバムの表題曲。ハモンド・オルガンとベースによって繰り出されるリズミカルなビートはこの上なくグルーヴィー。"ビートにしびれて"という邦題に嘘いつわりのない傑作。

Person to Person / Average White Band

Person to Person
Person to Person
  • Mr. Pitiful / Big Daddy Kane
  • Recipe of a Hoe / Boss
  • I Got Somebody Else / Changing Faces
  • Richter Scale / EPMD
  • Friend / Puff Daddy & The Family
  • Ya Getz Clowned / South Central Carter
  • Goin' World in the Penile / Tim Dog
にサンプリングされています

UKはスコットランド出身の白人ファンクバンド、Average White Band '76年リリースのライヴ・アルバムに収録。心地よいカッティングギターが印象的なミディアムファンク・ナンバーだが、サンプリングされるのは間奏部のベース→コーラスのフレーズ。この部分を延々とループさせたBig Daddy Kane "Mr. Pitiful"等は地味ながらサンプリング・アートとしては最高に素晴らしい。

Richter Scale / EPMD

Back in Business
Back in Business
をサンプリングしています

前作『Business Never Personal』から実に6年ぶりの5thアルバム『Back in Business』('97年)に収録。Big Daddy Kane "Mr. Pitiful"と同じように"Person to Person"をひたすらループし、そのうえ"Jungle Boogie"のホーンをアクセント的に使用したエネルギッシュなトラックが非常にカッコよい。ヴォコーダーを通して叫ぶ「Richter Scale」というフレーズもGOOD。

Every Breath You Take / The Police

Synchronicity
Synchronicity
にサンプリングされています

ニューウェーヴ期にUKで活躍したSting率いるPoliceの最も有名な曲で '83年に発表された名盤『Synchronicity』に収録。UK物にありがちな、くどいほどメロディアスなタイプとは一線を画しており、その証拠にアメリカでも1位を獲得。80年代コンピレーションのような企画盤には必ずといっていいほど収録されている超名作。Notorious BIGの追悼曲"I'll Be Missing You"はこの曲を大胆にサンプリングし見事全米No1に。

Everybody Is a Star / Sly & The Family Stone

Greatest Hits
Greatest Hits
  • Star / The Roots
  • にサンプリングされています

    '70年リリースの『Greatest Hits』に先駆けて"Thank You"とともに両A面シングルとしてリリースされており、『Greatest Hits』にも新曲として収録されている。ベストアルバムにいれることを意識したのか、やたらとキャッチーな作風に古くからのファンは戸惑ったのではないでしょうか。作曲はSly StoneことSylvester Stewart。

    Hot Sex / A Tribe Called Quest

    The Love Movement
    The Love Movement
    をサンプリングしています

    にサンプリングされています

    エディ・マーフィ主演の映画『ブーメラン』のために書かれた曲、'98年発表の5thアルバムにも収録されており、Lou Donaldson "Who's Making Love?"を組み替えてつくられたビートが絶品のシンプルなトラック。ちなみにこのシングルがリリースされたのは『ブーメラン』が公開された年である '92年、つまりATCQ全盛時ということです。

    Cold Rock a Party / MC Lyte

    Bad as I Wanna B
    Bad as I Wanna B
    をサンプリングしています

    80年代から活動しているベテラン女性ラッパーMC Lyte '96年の5thアルバム『Bad as I Wanna B』に収録。タイトル通りフロア向けのパーティーチューンで、Diana Ross "Upside Down"を下敷にしたノリのよいトラックが気持ちよい。Missy ElliottとSean Combsもさりげなく参加。Rashad Smithによるプロデュース。

    Unforgettable / Nat King Cole

    Unforgettable Nat King Cole
    Unforgettable Nat King Cole
    にサンプリングされています

    愛娘ナタリーとの擬似デュエット・ヴァージョンがグラミー賞を獲得したことでも有名な"Unforgettable"、元々は '51年の同タイトルのアルバムに収録されたジャズ・ヴォーカルの名曲です。流麗なストリングスをバックにピアノを弾きながら語りかけるように歌うNat King Coleの歌声に胸がいっぱいになります。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。