HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love @ 1st Sight / Mary J. Blige

Love & Life
Love & Life
をサンプリングしています

仲違いしていたSean Combsを再びプロデューサーに迎えて制作された6thアルバムからのファーストシングル。なんでもフィアンセとの出会ったときのことを歌っているそうな。Lou Donaldson "Who's Making Love"を組み替えてつくられた"Hot Sex"のビートを下敷きにMaryが熱唱するダンサブルなトラックで、Sean Combsの好きそうなメランコリックなピアノも静かに花を添えます。後半ではMethod Manの魅力的なラップも聴けます。
スポンサーサイト

If Only for One Night / Luther Vandross

The Night I Fell in Love
The Night I Fell in Love
にサンプリングされています

故Luther Vandross '85年発表の6thアルバムからのシングルカット。AORテーストを感じさせる大人のソウル・バラードで、ルーサーの歌唱を盛り上げるが邪魔をしない楽曲は地味ながら賞賛に値する。この曲を最初に歌ったのはBrenda Russellで作曲も彼女。そんなにカバーは多くないが、追悼の意でか最近になってBabyfaceのようなR&B系アーティストに多くカバーされるようになっている。

Isn't It a Shame / Labelle

Chameleon
Chameleon
にサンプリングされています

Patti LaBelleがソロに転向する前の '76年にリリースしたグループとしては最後のアルバム『Chameleon』に収録されたヒットナンバー。ドラマティックなピアノが印象的で、そこに絡むPattiの熱唱が感動的な名バラード。日本でもBy Phar The Dopestがサンプリングしてヒットさせたことが記憶に新しい。

Human Nature / Michael Jackson

Thriller
Thriller
にサンプリングされています

史上最大のセールスを記録したアルバムとしてギネスブックにも載っている『Thriller』に収録された7曲あるトップ10シングルの一つ。スピリチュアルなシンセから始まる感動的なバラードでピークにはビルボード7位を獲得。Totoのキーボード奏者Steve Porcaroによる作曲でアレンジ、演奏にもTotoのメンバーが参加しています。

Jungle Boogie / Kool & The Gang

Wild and Peaceful
Wild and Peaceful
  • Trouble / 702
  • Hey Ladies / Beastie Boys
  • Wanted / BWP
  • Richter Scale / EPMD
  • Strictly Business / EPMD
  • You Gots to Chill / EPMD
  • You're a Customer / EPMD
  • You Want This / Janet Jackson
  • Neva Again / Kam
  • Keep It Comin' (remix) / Keith Sweat
  • Get Down / Kopkat
  • I Got 5 on It / Luniz
  • Erotica / Madonna
  • Welcome to the Terrordome / Public Enemy
  • Satisfy You / Puff Daddy
  • Snake / R Kelly
  • Don't Feel Right / The Roots
  • Freak the Funk / Stezo
  • Forget I was a G / Whitehead Bros
にサンプリングされています

Kool & The Gang '73年リリースの6作目『Wild & Peaceful』に収録。野性的なベースラインや情熱的なホーンがかっこよいグルーヴィーな名曲で、全米2位まで上昇したクラシック。初期の作品に多くみられたジャズ色が全くなく残念だがサンプリングネタとしては非常に人気が高い。

Garden of Peace / Lonnie Liston Smith

Dreams of Tomorrow/Silhouettes
Dreams of Tomorrow/Silhouettes
  • Dead Presidents / Jay-Z
  • Dead President II / Jay-Z
  • Take Me as I Am / Mary J Blige
  • Mrs Hazit / Theory Hazit
  • Is It Me / Stacie Orrico
にサンプリングされています

ジャズ・ピアニスト、Lonnie Liston Smith '79年のアルバム『Dreams of Tomorrow』に収録。ピアノオンリーの曲だが全く飽きさせることはなく、触れると壊れてしまいそうな繊細なピアノリフが涙を誘う。

Billie Jean / Michael Jackson

Thriller
Thriller
にサンプリングされています

'82年発表の歴史的大ヒットアルバム『Thriller』に収録。スリリングなビートがカッコよいダンサブルなトラックで、ある程度の年齢の方ならこの曲を知らない人はいないのではないでしょうか。また、TVライブで初めてムーンウォークを披露したのもこの曲だといわれています。もちろんQuincy Jonesによるプロデュース。

Stormy / Gabor Szabo

Gabor Szabo 1969
Gabor Szabo 1969
にサンプリングされています

ハンガリー出身のジャズギタリスト、Gabor Szaboが '69年発表したアルバム『Gazor Szabo 1969』に収録されたClassics IVのカバー。アーシーなオルガンをバックにかき鳴らされる切ないギターが涙を誘うインスト・ナンバー。オリジナルも最高だが、こちらも遜色なく素晴らしい。

Testify / Common

Be
Be
をサンプリングしています

同郷のKanye West全面プロデュースによる大ヒットアルバム『Be』からの2ndシングル。Honey Coneの"Innocent 'till ~"から引用したヴォーカル・フレーズをループ。Edna Wrightの独特の声が、トラックを早回しさせているように感じるが通常どおりです。声ネタものにしてはやたら緊張感があり、重いテーマを扱うCommonらしいつくり。

Girls, Girls, Girls / Jay-Z

The Blueprint
The Blueprint
をサンプリングしています

バックで鳴り響くストリングスが美しすぎる、名盤「The Blueprint」('01年)の中でも特に人気の"Girls, Girls, Girls"。Barry Whiteプロデュースの珠玉のラヴソング"There's Nothing~"を効果的にサンプリング。また、Q-Tip、Biz Markie、Slick Rickら先輩ラッパー達のダサかっこいいコーラスも味わい深い。老若男女問わず聴けるんじゃないでしょうか。

Izzo (H.O.V.A.) / Jay-Z

The Blueprint
The Blueprint
をサンプリングしています

'01年発表され全米No1を獲得した名盤『The Blueprint』の先行シングル。キッズ・ソウルの代名詞ともいえる"I Want You Back"を分解して組みなおしたKanye West制作のポップチューン。可愛らしいコーラスもおもしろい。ちなみに、当時ほとんど無名だったKanye Westを一躍スターダムに押しあげた出世作でもあり、非サンプリング物が多くなっていたシーンを変えてしてしまった革命的傑作でもあります。

Get Down / Nas

God's Son
God's Son
をサンプリングしています

Jay-Zとのディス・バトル中に発表された『God's Son』の冒頭を飾る曲。NasとSalaam Remiによる共同プロデュースで、James Brownの"The Boss"と"Funky Drummer"、さらにThe Blackbyrds "Rock Creek Park"と定番ネタを詰めこんだ最近では少ないタイプの作品。昔(サンプリング使用料が安かった時代)からヒップホップを聴いている人は感慨深い気持ちになるかも。とにかくビートがカッコよすぎ。
Nas

Got 'Til It's Gone / Janet Jackson

The Velvet Rope
The Velvet Rope
をサンプリングしています

Janet Jackson '97年発表、通算6枚目のアルバム『The Velvet Rope』からのファーストシングル。ジャネット自身も敬愛するJoni Mitchellの歌声を大胆サンプリングしたスローナンバー。ジョニ・ミッチェルが歌うフレーズにあわせて客演のQ-Tipのラップが絡むところは、ちゃちゃをいれてるみたいでとても微笑ましく感じます。

Lose Control / Missy Elliott

The Cookbook
The Cookbook
をサンプリングしています

Timbalandの手を離れて(一部参加)制作されたMissy Elliott '05年発表の6thアルバムのリードシングルで、「盛り上げ番長」ことFat Man Scoopと"1, 2 Step"でミッシーと共演したCiaraの真逆の二人をフィーチャリングした大ヒットナンバー。2曲のテクノ・クラシックをサンプリングしており、"Body Work"からは「Music makes you lose control」というセリフ、"Clear"からはピコピコシンセを使用してダンサブルなトラックに仕上げています。

We Run This / Missy Elliott

The Cookbook
The Cookbook
をサンプリングしています

「クイーン・オブ・サウンド・イノヴェーター」Missy Elliott '05年発表の6thアルバム『The Cookbook』からのサードシングル。彼女が愛してやまないというオールドスクール物の中でも、クラシック中のクラシックといえる"Apache"を大々的にサンプリングしたパンチのあるトラックがかっこよい。AdidasのCMのようなPVもおもしろい。

Hey Lover / LL Cool J

Mr. Smith
Mr. Smith
をサンプリングしています

メロディアスな曲が多くヒップホップファン以外のリスナーからも支持された '95年の名盤『Mr. Smith』に収録。Michael Jackson "The Lady in My Life"のムーディーなトラックを下敷に、Boyz II Menの甘いコーラスが加わるR&Bテイスト満載のメロウチューン。Trackmastersによるプロデュース。

Go / Common

Be
Be
をサンプリングしています

同郷のKanye Westの全面的なプロデュースにより大ヒットした '05年の6thアルバム『Be』からのリードシングル。Linda Lewis "Old Smokey"のフェンダーローズをループさせた心地よいお洒落なナンバー。インテリアのCMのようなPVもGOOD。

Made You Look / Nas

God's Son
God's Son
をサンプリングしています

'02年リリース『God's Son』のリードシングルで、ハードコアに分類されるNasの中でも銃声鳴り響く一際スリリングで攻撃的なトラック。アルバムのほとんどを担当しているプロデューサーSalaam Remiの手腕が光る。汗臭い野郎どものかけ声とポコポコ鳴る"Apache"のボンゴブレイクに原初的な興奮が呼び覚まされるでしょう。
Nas

I Can / Nas

God's Son
God's Son
をサンプリングしています

現在、最高のリリシストの一人であるNASが '02年リリースした『God's Son』からのセカンドシングル。ピアノ・レッスンのような無機的な"エリーゼのために"をバックに子供達のコーラスが加わる可愛らしい曲。Nasと子供達が「I know I can~♪」とかけあうところなんて思わず笑みがこぼれてしまいます。キッズ達が多数出演するPVも微笑ましく、いつも暗い顔をしているNasも心なしか楽しそう。Produced by Salaam Remi。
Nas

The Lady in My Life / Michael Jackson

Thriller
Thriller
にサンプリングされています

史上最大のセールスを記録した20世紀を代表するモンスターアルバム『Thriller』のラストを飾る感動的なバラード。アップテンポな曲では分かりにくいマイケルの確かな歌唱力を堪能できます。プロデューサーはもちろんQuincy Jones。

Hollywood Swinging / Kool & The Gang

Wild and Peaceful
Wild and Peaceful
  • Let Me Clear My Throat / DJ Kool
  • Feel So Good / Mase
  • Harlem World / Ol' Dirty Bastard
  • Money in the Ghetto / Too Short
にサンプリングされています

Kool & The Gang '73年発表の6作目『Wild and Peacefull』からカットされたシングルで、ポップチャートで6位、R&Bチャートで1位を獲得したヒットナンバー。ホーン隊によるド派手なイントロから始まり、交互に繰り出されるベースとギターにより刻まれるリズムが最高にファンキー。

Through the Fire / Chaka Khan

I Feel for You
I Feel for You
にサンプリングされています

圧倒的な歌唱力を誇ったR&Bシンガー、チャカ・カーン '84年のソロ6thアルバム『I Feel for You』からのセカンドシングル。当時の売れっ子プロデューサーであるデヴィッド・フォスター(David Foster)制作の感動的なバラードでサビでの熱唱は圧巻、しかし今の耳で聴くとドラマティックすぎて少し恥ずかしい。

Love, Need and Want You / Patti LaBelle

I'm in Love Again
I'm in Love Again
にサンプリングされています

ネリーの"Dilemma"で引用されて広く認知されるようになった曲で、パティ・ラベル '83年発表のソロ6作目『I'm in Love Again』に収録されている。現在ではめったにない、いわゆる熱唱系ラブバラードで昔のソウルシンガーの圧倒的な歌唱力をかいま見れる作品となっています。

Show N' Prove / Big Daddy Kane

Daddy's Home
Daddy's Home
をサンプリングしています

ベテランBig Daddy Kane '94年リリースの6thアルバムより、多人数での豪華マイクリレーに感動さえ覚える"Show n' Prove"。Grover Washington Jr.の"Black Frost"を使用し、極めてヒップホップらしいジャジーなトラックをつくりあげています。しかし、この曲の目玉はなんといってもBig Scoob→Sauce Money→Shyheim→Big Daddy Kane→Jay-Z→Ol' Dirty Bastardと展開されるマイクリレー。それぞれが個性的で互いが互いをひきたてあいます。特にトリを担当する若きOl' Dirty Bastardのテンションは異常、インテリジェンスのかけらも無いようなMCっぷりに狂喜乱舞してしまいます。

P.Y.T. (Pretty Young Thing) / Michael Jackson

Thriller
Thriller
にサンプリングされています

20世紀を代表する名作『Thriller』('82年)からの6枚目のシングル。時代を感じさせるアップテンポなダンス・チューンだが、名曲揃いのアルバムの中にあって少々地味な印象を抱かせる。元々はマイケルが作曲した曲(『The Ultimate Collection』にデモ・ヴァージョンとして収録)だったものを、Quincy Jonesが全く新しく書き直したものが正式リリースされました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。