HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What's Going on / Marvin Gaye

What's Going on
What's Going on
にサンプリングされています

"Mercy Mercy Me"、"Inner City Blues"なども収録されている '71年の名盤『What's Going on』に収録。The Funk Brothersの乾いた演奏をバックに温かみのあるマーヴィンのヴォーカルがさえるナイス・メロウミディアムだが、本当に話題になったのはヴェトナムから帰還した弟に戦争の悲惨さを聞いて書かれたというメッセージ色の強い歌詞のほう。この曲は全米2位まで上昇しており、ソウルミュージックの歴史的名作として現在でも聴かれ続けています。
スポンサーサイト

Tripping Out / Crutis Mayfield

Heartbeat/Something to Believe In
Heartbeat/Something to Believe In
にサンプリングされています

Curtis Mayfieldが '80年発表した『Something to Believe in』に収録。"People Get Ready"、"Move On Up"などカーティスに名曲は数あれど、今の耳で聴いてもっとも素晴らしいのはこの"Tripping Out"ではないでしょうか。ビートが絶品なメローグルーブの傑作です。日本でも山下達郎や小沢健二ら多くのアーティストがサンプリングしているので認知度も高いとおもいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。