HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Get off Your Ass and Jam / Funkadelic

Let's Take It to the Stage
Let's Take It to the Stage
  • Holla if You Hear Me / 2Pac
  • Rhythm (Devoted to the Art of Moving Butts) / A Tribe Called Quest
  • Pressure / The Pressure
  • Easy Duz It / Easy-E
  • 99 Problems / Ice-T
  • 100 Miles & Runnin' / NWA
  • Bring the Noise / Public Enemy
  • Contract on the World Love Jam / Public Enemy
にサンプリングされています

Jimi Hendrixに影響を受けているGeorge ClintonのプロジェクトFunkadelicが '75年発表した『Let's Take It to the Stage』に収録。ソウル/ファンクというよりロックファンに喜ばれそうなソリッドなギターリフが吹き荒れるメタリックなナンバー。混沌としたノイジーなギターが多くサンプリングされている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。