HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

You'll Like It Too / Funkadelic

Who's a Funkadelic?
Who's a Funkadelic?
  • I Know You Got Soul / Eric B & Rakim
  • My Little Donkey / Choco The New Harlem Sound
  • No Connection B-JR (DJ 440's Top Billin' mix) / Halfby
  • Watch Roger Do His Thing / Main Source
  • Drink Old Gold / Mr X & Mr Z
  • Rhyme'll Shine on / Naughty By Nature
  • Teacher, Teacher / Slick Rick
にサンプリングされています

Pファンクの創始者George Clintonが結成したファンクバンド、Funkadelic '81年作『Who's a Funkadelic(レーベル違いで『Connections & Disconnections』というタイトルのものもある)』に収録。数多くサンプリングされるイントロのドラムのせいか現在でも人気の高い一曲。キャッチーなコーラスもグッド。ちなみにGeorge Clintonは不参加です。『Ultimate Breaks & Beats』にも収録されています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。