HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Big Beat / Billy Squier

Tale of the Tape/Don't Say No
Tale of the Tape/Don't Say No
  • The Movement / CPO
  • Buck-Buck / Das EFX
  • Fix Up, Look Sharp / Dizzee Rascal
  • Magic Carpet Ride / Grandmaster Flash & The Furious 5
  • Endangered Species (Tales from the Darkside) (Remix) / Ice Cube
  • Jackin' for Beats / Ice Cube
  • 99 Problems / Jay-Z
  • 40 Below Trooper / Jungle Brothers
  • Warriors Drum / King Just
  • Hip Hop Is Dead / Nas
  • Wickedest Man Alive / Naughty By Nature
  • Fire (Dirty Dirty Alt. version) / Ol' Dirty Bastard
  • Can't Nobody Hold Me Down (Remix) / Puff Daddy & The Family
  • Here We Go / Run DMC
  • The Mission / Special Ed
  • Roxanne Roxanne / UTFO
  • A Day of Outrage, Operation Snatchback / X-Clan
  • Xodus / X-Clan
にサンプリングされています

マサチューセッツ出身のロックミュージシャン、Billy Squier '80年のデビューアルバム『Tale of the Tape』の一曲目に収録。巨人が行進しているかのような迫力あるドラムサウンドが印象的なタイトルに偽りのないナンバー。パワフル系ブレイクビーツの定番で他のドラムブレイクと組み合わせてサンプリングされることが多い。『Ultimate Breaks & Beats』にも収録。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。