HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Got to Be Real / Cheryl Lynn

Cheryl Lynn
Cheryl Lynn
  • Do You Wanna Get Funky (The Nice & Smooth Mix) / C+C Music Factory
  • Keep It Real / DJ Hurricane
  • Live at Union Square (November 1986) / DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince
  • I Got Work to Do / D-Melo
  • Rappin' and Rockin' the House / Funky 4+1
  • I'll Do 4 U / Father MC
  • Bet Ya Man Can't (Triz) / Fat Joe
  • Real Niggaz / NWA
  • Here We Go Again / Laila
にサンプリングされています

Cheryl Lynn '78年のデビューシングルにしてディスコ・クラシック、アルバム『Cheryl Lynn』に収録。パワフルなヴォーカルが最高にカッコよい、David Fosterと、ToToのDavid Paich制作によるスウェイビートの代表作。同じくスウェイビートの名曲The Emotions "Best of My Love"とセットでかけられる曲としても知られています。『Ultimate Breaks & Beats』にも収録。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。