HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N.T. / Kool & The Gang

Live at P.J.'s
Live at P.J.'s
  • Unfinished Business / Antoinette & Hurby's Machine
  • Mind Power / A Tribe Called Quest
  • Brothers from Brentwood L.I. / EPMD
  • Move the Crowd / Eric B & Rakim
  • Let Me Show You / Chill Rob G
  • Feel the Horn / Cold Crush Brothers
  • Best Kept Secret / Diamond D
  • Cereal Killer / Geto Boys
  • Damn It Feels Good to Be a Gangster / Geto Boys
  • What's Going on / Jungle Brothers
  • Conpetent (remix) / LSD
  • Fakin' the Funk / Main Source
  • As I Reminisce / Master Ace
  • Mecca and the Soul Brother / Pete Rock & CL Smoothe
  • Brand Nubian / Slow Down
  • It Ain't Hard to Tell / Nas
  • Gangsta Gangsta / NWA
  • Niggaz 4 Life / NWA
  • B Side Wins Again / Public Enemy
  • Breathe and Stop / Q-Tip
  • Runnin' Wit No Breaks / Warren G
にサンプリングされています

ジャズ色が強かった初期Kool & The Gang '71年リリースの『Live at P.J.'s』のオープニング曲。ミディアムテンポで展開されるファンキーなインストナンバーでホーンや後半のドラムブレイクをサンプリングされることが多い。特に90年代のDJに好まれており、サックスソロの一部をアクセント的に使ったトラックがかなり多く、元ネタとの聴き比べをすると非常に勉強になります。『Ultimate Breaks & Beats』にも収録、トラックメーカーを目指す方は必聴!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。