HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I Wouldn't Change a Thing / Coke Escovedo

I Wouldn't Change a Th [7 inch Analog]
I Wouldn't Change a Th [7 inch Analog]
  • The Movement / CPO
  • Follow the Leader / Eric B & Rakim
  • Monie in the Middle / Monie Love
にサンプリングされています

元Princeファミリーの女ドラマーSheila Eのおじさん、Coke Escovedoが '76年発表した『Comin' at Ya』に収録。サンプリング人気の疾走するドラムからはじまり、心地よいギター・カッティングで気分を盛り上げ、テンションの高い男女ヴォーカルがはいる一連の流れはまさに完璧。ほのかに漂うラテンの香りも最高、Johnny Bristolのオリジナルを超えたお洒落なつくりとなっています。ちなみに『Ultimate Breaks & Beats』に収録されているものは、アルバムの前曲"Runaway"のラストの掛け声から始まるというかたちとなっています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。