HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Good Times / Chic

Risqué
Risqué
  • Made It Back '99 / Beverley Knight
  • 13 and Good / Boogie Down Productions
  • Dangerous (Soul Society remix) / Busta Rhymes
  • Just the Two of Us / Chubb Rock
  • Around the World / Daft Punk
  • A Roller Skating Jam Named "Saturdays" / De La Soul
  • Def Squad Delite / Def Squad
  • Doowutchyalike / Digital Underground
  • Everything's Gonna Be Alright / Father MC
  • 2345meia78 / Gabriel, O Pensador
  • MC's Delight / Grandmaster Caz
  • The Adventures of Grandmaster Flash on the Wheels of Steel / Grandmaster Flash
  • Children's Story / Slick Rick
  • Monster Jam / Spoonie Gee
  • Rapper's Delight / The Sugarhill Gang
  • The Wildstyle / Timezone
  • It's All Good / Will Smith
にサンプリングされています

ディスコ・バンド、Chicが '79年に発表したサード・アルバム『Risque』に収録された全米No1ソング。Bernard Edwardsが奏でるリズミカルで習慣性の高いベースラインはあまりにも有名、Queen "Another On Bites the Dust"やBlondie "Rapture"はこのベースにインスパイアを受けて作られたそうです。また、初のヒップホップのシングル"Rapper's Delight"にも引用されており、当時の音楽シーンに与えた影響の大きさが感じられます。やはりベースラインのサンプリングが定番だが、「Good Times」というフレーズの「グッ」の部分だけを使われることも意外と多い。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。