HIPHOP/R&Bのナンバーをサンプリングという側面から紹介・解説。いつの時代のブラックミュージック好きでも楽しめます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Retrospect for Life / Common

One Day It'll All Make Sense
One Day It'll All Make Sense
をサンプリングしています

シカゴ・ヒップホップ界のパイオニア、Common '97年発表の3rdアルバムからのシングルで、黒人社会で頻繁に繰り返される中絶をテーマにした重いリリックが話題となった作品。Donny Hathaway "A Song for You"のピアノを下敷きにし、フックでは客演のLauryn HillがStevie Wonderの"Never Dreamed You'd Leave in Summer"を歌いあげる切なくも美しいナンバー。プロデュースはKanye Westの師匠的存在としても有名なNo IDとJames Poyser、Lauryn Hill。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。